読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリーズ最新作『FIFA 17』国内向け最新トレイラー!欧州サッカーチームに注目

Electronic Arts Japanは、gamescom 2016にて披露されたサッカーゲームシリーズ最新作『FIFA 17』の最新トレイラーを国内向け公開しました。

Blurの“Song 2(Madeon Remix)”をBGMにした今回の映像では、欧州サッカークラブチームに注目したもので、リアルに描写される選手や監督の姿が映されています。Frostbiteエンジンを採用している本作は、リアルで写実的かつ表情豊かなアクションが可能となった他にも登場選手や監督などサッカーを構成する要素が更に強化されています。PC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360向けに開発されている『FIFA 17』は、9月29日に世界同時発売を予定しています。

世紀末RPG『Wasteland 3』クラウドファンディングキャンペーン開始


inXile Entertainmentはクラウドファンディングサイト“Fig”上にて、PC/Mac/Linux/PS4/XB1向けに製作中の有名RPGシリーズ最新作『Wasteland 3』のクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。

『Wasteland 3』は、『Fallout』シリーズの源流ともなっている作品の最新作に当たります。ゲームの舞台は氷に覆われたコロラド州となり、シリーズ初となるマルチプレイCo-opが最大の特徴です。このキャンペーンでは、33ドルよりPC版のゲーム本体を入手することが可能です。

更に、18ドルのアドオンをキャンペーンに追加することによって、コンシューマ版のゲームを追加で入手することができます。750ドル以上のコースでは、ゲーム内のアイテムなどのデザインが可能となるようです。

キャンペーンは275万ドルを目標としており、本記事執筆時点にて、29日と2時間のキャンペーン期間を残しながらも既に半分を超える182万8,919ドルに到達しています。

 

『Wasteland 3』は、PC/Mac/Linux/PS4/Xbox One向けに2019年Q4の発売を予定しています。
《Arkblade》

リネージュ2 RMT

道路を横切るスノーモービルに注意しろ、という標識だ。

いろんなものが飛び出してくるんだなあ、などと考えていると、今度は「ヒト」の看板だ。ええっ、人まで飛び出してくるのか、と思ったけれど、次の瞬間、僕はひとり苦笑していた。考えてみれば、日本でだって人は飛び出してくる。

でも、シカ、シカ、ムース、スノーモービル、ムース、ヒトと来ると、なぜかジョーカーを引いた時みたいに「わあっ」とヒトにびっくりしてしまうんだ。

シカやらムースやらの黄色い標識を見すぎたせいで、ちょっと感覚がおかしくなっている。カナダ旅行の最中にもし機会があったら、この倒錯したドライブをぜひとも体験してほしいと思う。

FF11 RMT

ソニック中裕司が『ポケモンGO』国内142匹コンプを報告!

2016年7月の配信開始以降、現在までに5億ダウンロード以上を記録している大ヒットアプリ『ポケモンGO』。9月16日にはお役立ちデバイス「ポケモンGO Plus」の発売も予定されている本作ですが、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』や『NiGHTS』の生みの親として知られるゲームクリエイターの中 裕司氏が、国内142匹のポケモンをコンプリートしたことを明らかにしました。

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見る
フォローする
Yuji Naka / 中 裕司 @nakayuji
やっとポケモンGOを日本国内ポケモン142匹をコンプリートしました。最後はリザードンでした。最後の3匹のサワムラーベトベトンリザードンにはかなり苦労しました。レベル29でした。
2016年9月12日 22:46
168 168件のリツイート 131 いいね131件

海外限定のご当地ポケモンを除く国内最大数の142匹ですが、中 裕司氏は4枚のスクリーンショット共にこの記録を報告しており、記念すべき142匹目のポケモンリザードンとなったようです。また、続くツイートでは、出張時に海外ご当地ポケモンをゲットできるチャンスがあった事も伝えています。

リネージュ2 RMT

デジタルTCG「Shadowverse」のPC版がDMMでサービスへ。スマホ版とのデータ連携も可能となる模様

 2016年6月17日にCygamesがスマートフォン版の国内配信を開始した,デジタルトレーディングカードゲーム「Shadowverse」(iOS / Android)。そんなShadowverseの,PC版のサービスが,DMM GAMESで8月に始まるようである。「こちら」に同作のティザーサイトがオープンしており,そこで事前登録が受付中。PC版を遊ぶとカードパックチケット3枚が,事前登録者が10万人を超えると追加でもう1枚のチケットがもらえる。
 ちなみにSteamでは,本作のPC版,Mac版(いずれも対応言語は英語)がGreenlightに登録されている。集まったコミュニティの関心を受けて,Valveがリリースへ向けた働きかけを開発元へ行っているというステータスだ。ティザーサイトによれば,スマートフォン版のShadowverseを遊んでいるプレイヤーは,データ連携を行うことで,PC版(DMM GAMES版)でも同じゲームデータを使って遊べるという。スマートフォン版で購入したクリスタルはPC版で利用できないなどいくつかの注意点はあるが,PCで遊びたいと考えていたファンには朗報だろう。詳しい仕様については,続報を待ちたいところだ。

『バイオハザード アンブレラコア』CyACオンラインカップ#1リポート

ハイレベルなトーナメント戦が開催

 2016年7月9日、カプコンプレイステーション4/PC用の対戦型シューター『バイオハザード アンブレラコア』のオンラインゲーム大会が行われた。なお、今回の大会はプレイステーション4版のみが対象。その模様をお伝えしていこう。 集まったのは全部で17チーム。その中で、記者も“832特殊部隊(週刊ファミ通)”チームとして参加することに。戦場となるフィールドは、両チームが希望を出し合って決めることになっていたが、おもに“発端の村”、“アンブレララボ”、そして“トライセルHQ”など、ほどよい広さのマップが選ばれる傾向にあった。ルールは、一度倒されたらリスポーンできない“ワンライフマッチ”のため、試合全般を通し、序盤は互いに慎重に立ち回る展開が多く見られた。とは言え、残り時間が1分を切ると互いの居場所が丸見えになってしまうため、ときには大胆に敵陣へ突っ込んでいく場面も。さすがに猛者が揃っているためか、どのチームも“どの位置からどこまで射線が通るか”といったことは把握している感じの立ち回りをしていた。

『ハースストーン』アジア太平洋春季選手権が開催!日本代表は弱冠18歳の新星

リザード・エンターテイメントは、戦略カードゲーム『ハースストーン』のアジア太平洋春季選手権を都内の秋原葉にて、6月18日と6月19日に開催すると発表しました。

今回のアジア太平洋春季選手権は、アメリカ・ハリウッドで開催される世界選手権に向けたもので、日本や台湾などを含むアジアにおいて各予選を勝ち抜いた選手が集い世界選手権に向けて戦いを繰り広げます。この大会には6月5日に開催された日本春季選手権で優勝し、日本代表となった弱冠18歳のJako1910選手が出場。Jako1910選手は「全勝して BlizzCon(世界選手権)に行きます」とコメントを残しています。

本大会の会場は、都内の秋葉原e-sports SQUAREで入場料は無料です。以下開催概要となります。